育毛・産毛は太い毛になるか

育毛・産毛は太い毛になるか 髪の基礎知識

髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、頭皮の一部です。
髪の毛の成分は、皮膚や爪をつくっている成分と同じケラチンというタンパク質で構成されています。
ケラチンは、シスチンやグルタミン酸、ロイシン、アルギニン、チロシン、メチオニン
といった18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質の総称で、毛髪の90%以上を構成しています。

 

 

 

 

ケラチンに含まれるアミノ酸の中で最も多いシスチンを構成する
メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸なので、毎日の食事などから摂取する必要があります。

 

 

 

メチオニンが不足すると薄毛・細毛や白髪の原因となります。

 

 

 

 

 

 

髪の毛の太さは、年齢・性別・遺伝・人種などによって異なりますが、
日本人の平均的な髪の太さは0.07mm〜0.1mmといわれています。

 

 

 

この太さには個人差があるほか、同じ一人でも頭の場所によって違ってきます。

 

 

 

男性は10代から20代にかけて、女性は10代から30代にかけて太くなり、
男性は20代後半、女性は30代後半にはだんだんと細くなっていきます。

 

 

 

 

成人した日本人の髪の毛は一般的には約10万本と言われています。

 

個人差があり、多い人だと約13〜15万本、少ない人だと約 6〜7万本と言われています。

 

髪の毛の本数は通常、年齢とともに減っていきますが、毛穴の数は増減しないと言われています。

 

1つの毛穴から2〜3本生えている場合や髪の毛の生えていない毛穴もあります。

 

 

抜け毛の本数は個人差がありますが、ヘアサイクルに基づく自然脱毛の量は一般男性の場合、

 

1日に50〜100本くらいと言われています。

 

 

これは加齢とともに増えていく傾向があります。女性の場合も男性とほぼ同じですが、

 

加齢に伴う抜け毛の量は男性よりも少し少なくなります。

 

 

 

 

 

 

髪の毛が伸びる速さは、頭の場所、栄養状態、年齢、その他外的要因などでも変わってきますが、

 

一般的に成長期にある健康な髪で1日平均 0.35mm前後伸びると言われてます(1ヶ月に約 1cm)。

 

 

但し、これは、成長期にある健康な髪の場合で、発毛初期段階の産毛などの場合は、
1ヶ月に1mmほどしか成長しないと言われています。

 

 

 

成長期にある健康な髪(頭髪の約80〜90%)は、1日におよそ 0.35mm伸びている訳ですから
全体では実に1日に30メートルほど伸びていることになります。

 

髪がどれだけのエネルギーを必要としているかがわかります。

 

 

 

 

髪の毛にはヘアサイクルがあり、約3〜5年で毛根(毛母細胞)の活動が止まり抜け落ちます。

 

その後、通常約2〜3ヶ月ほどで抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきます。

 

 

 

 

 

 

1日の抜け毛の本数は季節や健康状態によっても異なってきますが、

 

目安としては、50本から60本の髪が抜けると言われています。

 

 

 

 

これは毛髪の平均本数を10万本とした場合に、
平均のヘアサイクル期間を5年として1年365日で割って算出した数字です。

 

 

 

つまり、年間2万本ほどが抜けるため(10万本÷5)、1日では55本(2万本÷365)という計算です。

 

従って多少の個人差はあります。
100本以上抜けたら危険信号と思っていいでしょう。

 

 

 

一般的にはシャンプー時やブラッシング時の抜け毛が最も多く、

 

1日の抜け毛のうち60%〜70%はこのときに抜けます。

 

残りは自然と抜けて床やデスクに落ちぬけたり、

 

睡眠時に抜け落ち、朝起きて枕元に抜け毛を発見したりします。

 

 

 

AGA(男性型脱毛症)の場合は、太くて丈夫な髪になる前に抜け落ちてしまいますので、

 

細くてか弱い抜け毛が目立ってきたら要注意です。

育毛・産毛ニュースまとめ記事一覧

ノンシリコンシャンプー

シリコンとは?シャンプーやリンス・トリートメントなどに含まれているシリコンとは、髪のキューティクルに付着して髪の毛をコーティングするコーティング剤の役割を果たします。髪の毛をコーティングすることで髪の毛を保護したり、髪の艶や手触りなどをよくするなどの効果があります。ノンシリコンシャンプーとはその名の...

≫続きを読む

 

フケと抜け毛

フケとは?フケとは、新陳代謝によって古くなった頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものです。一定期間で皮膚が生まれ変わる本来のターンオーバー機能は避けることができませんが、これが異常に多くなるとフケ症と呼ばれ、正常なターンオーバーができていないことが疑われます。フケはその原因を元に、サラサラとした「乾性のフ...

≫続きを読む

 

育毛に大切な頭皮の潤い

乾燥が頭皮に及ぼす悪影響乾燥は頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいますが、育毛の観点から考えると髪の乾燥よりも頭皮の乾燥が深刻です。その理由は肌のバリア機能の低下にあります。健康な頭皮の場合、最も外側にある角質層は15%から20%の水分を保持し、外部からの刺激を防ぐバリアの働きをしています。皮膚の断...

≫続きを読む

 

育毛シャンプーで頭皮の乾燥対策

肌には、セラミド(細胞間脂質)と天然保湿因子(NMF)という貯水の働きを有する成分がありますが、これらは、加齢や病気、その他の外的要因で減少してしまいます。頭皮の水分量や皮脂分泌は、40代で20代の半分以下と、大幅に減っていきますので、潤いのある健康な頭皮を維持するためには意識的に頭皮の保湿を心がけ...

≫続きを読む

 

髪の毛の構造と断面

髪の毛の構造髪の毛は、皮膚の外に出ている毛幹と、皮膚の中に入っている毛根とに区別されます。さらに、毛根の下の部分のふっくら丸い部分を毛球といいます。毛球の中には毛母細胞と毛乳頭があります。髪の毛の構造 毛母細胞は、毛細血管から運ばれてきた栄養素をエネルギーにして、増殖や分化をくりかえしながら髪の毛の...

≫続きを読む

 

シャンプーで頭皮の皮脂や汚れを落とす仕組み

シャンプーには、頭髪についている埃や汚れ、汗だけではなく、頭皮についている余分な皮脂や脂汚れを落とす役割があります。そもそも、わざわざシャンプーや石鹸などを使わずに水やお湯で汚れを洗い落とせないのかという疑問がわきます。確かにシャンプー前の予備洗いの段階で髪の毛や頭皮の埃や汚れ、汗などは殆ど落とすこ...

≫続きを読む

 

皮脂とは?

頭皮の皮脂は毛乳頭と表皮の中間あたりに位置する皮脂腺という器官から分泌されています。頭皮の皮脂腺の数は皮脂腺が多いといわれるTゾーン(額から鼻先にかけての皮脂腺が多い部分)の2倍以上ほどもあります。つまり、頭皮から分泌される皮脂の量は、おでこ部分の2倍に相当するのです。皮脂は、汗と混ざることで皮脂膜...

≫続きを読む

 

シャンプーの役割 髪と頭皮の洗浄・育毛環境を整える

シャンプーには、これらの皮脂や頭皮の汚れ、ホコリを洗浄する役割があります。しかし、皮脂を根こそぎ落とす洗浄力の強いシャンプーは要注意です。一定の働きのある皮脂(油分)を必要以上に落とすと頭皮が乾燥してダメージを受けやすくなります。後に過剰分泌となる原因ともなります。シャンプーに求められるのは適度な洗...

≫続きを読む

 

シャンプーの役割

シャンプーには、頭髪についているホコリや汚れ、またワックスなどのスタイリング剤などを落とすだけではなく、頭皮についている余分な皮脂や汚れを落とす役割があります。本来、シャンプー前の予備洗いの段階で髪の毛のホコリや汚れは殆ど落とすことができるため、特に頭皮についている余分な皮脂や汚れを落とす役割が重要...

≫続きを読む

 

厳選おすすめ女性用育毛シャンプー

女性用の育毛シャンプーランキング、量産されている市販の安価な女性用シャンプーの中には、泡立ちや香りが良い反面、肌や髪に対して刺激を与える洗浄成分を使用しているものが少なくなく、育毛環境を加味していない商品も少なくありません。使い続けることで毛穴から髪の毛の成長に有害な成分が浸透蓄積し、結果、キューテ...

≫続きを読む

 

シャンプーの役割・効果

本来、シャンプーには、頭皮についた皮脂や髪の汚れを落とす役割がありますが、量産されている市販の安価なシャンプーの中には、洗浄成分に高級アルコール系洗浄成分を使用しているものが多く、頭皮の環境・育毛を加味していない商品も少なくありません。泡立ちや香りを優先するあまり、洗浄力や刺激が強すぎる傾向があるた...

≫続きを読む

 

ボリュームアップシャンプー選びの注意点

ボリュームアップシャンプー選びの注意点、ペタンコ髪(細毛・軟毛)に悩んでいる方は多いと思います。その対策として、パーマやワックス、市販のボリュームアップシャンプー、リンス、コンディショナーなどを利用している方も多いと思います。これらは、自分の髪の毛自体を太くしていくのと違って即効性がありますが、一時...

≫続きを読む

 

頭皮に悪影響を与えないボリュームアップシャンプー

おすすめのボリュームアップシャンプー髪が細い方や初期段階のAGA(男性の薄毛や脱毛症)の方、また、FAGA(女性の薄毛や脱毛症)で髪がやせ細ってきた方の中には、髪を太くしたい、地肌が目立たないようにしたい、といった願望を持たれている方が多いと思います。実際、スーパーやドラッグストアにはボリュームアッ...

≫続きを読む

 

ボリュームアップシャンプーとは?

ボリュームアップシャンプーとは?髪の毛が細い方や初期段階のAGA(男性の薄毛や脱毛症)、FAGA(女性の薄毛や脱毛症)で髪がやせ細ってきた方の中には、髪を太くしたい、地肌が目立たないようにしたいといった願望を持たれている方は多いと思います。育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントなどで改善していくこ...

≫続きを読む

 

髪を一時的に太くする

ボリュームアップシャンプーやトリートメント、ヘアクリーム、ヘアワックスなどを使って一時的に髪のボリュームアップを図る方法があります。自分の髪の毛自体を太くしていくのと違って即効性がありますが、成分には注意が必要です。ボリュームアップを目的としている成分の多くは、頭皮に負担をかけてしまう場合が少なくな...

≫続きを読む

 

細い髪の毛を太くする育毛サプリメント

細い髪の毛を太くする方法として、サプリメントなどで髪に良い成分を体内に取り入れる方法があります。体の内側から育毛をサポートします。自分自身の髪そのものを太くする方法として最も有効な手段の一つですが、実感できるようになるまでには育毛シャンプーや育毛剤同様、時間がかかります。研究を進めるなかで抜け毛や薄...

≫続きを読む

 

抜け毛を防止、頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージは、頭皮を揉みほぐして血行を促進し、抜け毛を防ぎ、太くて強い髪の発毛促進につながりますので、積極的に取り入れましょう。毛根に栄養を運ぶ毛細血管は、指圧(頭皮に力を加えること)により血管が広がるため、マッサージにより血流がアップし栄養が毛根へ行き届きやすくなると考えられています。大手メ...

≫続きを読む

 

育毛剤の活用

育毛剤を活用することも髪の毛を元気にして太くするには非常に有効です。育毛剤は、乱れた生活習慣や食習慣、過度のストレス、加齢などで弱った頭皮の活性化にも有効です。育毛シャンプーにもAGA対策成分を配合するものが増えてきていますが、やはり育毛シャンプーだけではこれらの進行をくいとめるのは困難です。AGA...

≫続きを読む

 

育毛成分で髪を太く育てる

シャンプーは、日常生活で唯一、ほぼ毎日、頭皮や髪につけるものですので頭皮や育毛に与える影響は大変大きいものがあるとの認識が必要です。育毛の基本と言うこともできます。特に質の悪いシャンプーを使い続けることで髪は徐々に細く弱くなっていくこともありますので注意が必要です。良質なシャンプーで頭皮を毎日ケアす...

≫続きを読む

 

髪の毛が細くなってきたら

髪の毛が細くなってくると、髪のボリューム感が落ち、地肌も目立つようになってきます。髪が薄くなったと感じるのは、髪の毛の本数ではなく髪の太さによる場合も少なくないため深刻な問題となります。髪の毛が細くなる原因には、病気、過度のストレス、偏食や乱れた生活習慣などで一時的に細くなる場合と、加齢や、AGA(...

≫続きを読む

 

髪の毛を太くする方法

髪の毛の太さは、年齢・性別・民族によって異なり個人差もあますが、日本人の平均的な髪の毛の太さは0.07mm〜0.1mmといわれています。この太さにはかなり個人差があり、同じ人でも頭の場所によって違います。男性は10代から20代、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半から、女性は30...

≫続きを読む

 

髪の毛の太さ

産毛は太い髪に育つか?脱毛が進行して地肌が見えているところでも、拡大鏡やスコープなどでよく観察してみると、産毛が多少とも生えているものです。本来、髪の毛は毛乳頭細胞や毛母細胞の老化現象により生え変わるたびに少しづつ細くなっていきますが、老化現象とは別の原因、例えばAGAなどによる場合はそれが加速し、...

≫続きを読む

 

産毛とは?

本来、産毛(うぶ毛)とは、生まれたときの赤ちゃんに生えている毛や人の顔などに生えている柔らかい薄毛をいいますが、髪の毛の場合は、一般的に細くてコシがない生えたばかりの短い髪(およそ1cm未満)の状態をいいます。正常な髪の毛は産毛の状態から徐々に太く成長しながら長くなっていきます。日本人には、平均して...

≫続きを読む

 

色素と脱毛

日本人の体毛は、黒から茶色です。この色素はメラニン色素と言う紫外線が強い地域に住む、有色人種がよくもつものです。モンゴロイドや黒人が典型的ですね。実は体毛に含まれる色素によって普及する脱毛法が違います。アメリカなどでは針脱毛が主流です。何故かと言いますと金髪の方は、メラニン色素が少ないので、光脱毛や...

≫続きを読む

 

蒸れにくくしたい

仕事していた時は、アンダーヘアーをカットしていました。何故かと言うと、ずっと立ちっぱなしとか事務作業で同じ姿勢をとっていますと蒸れてきてしまいます。女性はおりものや経血で蒸れてしまうので匂いやかぶれの要因になります。お手洗いに行くと、その場所の見守りの人間が少なくなって、問題が起きてしまいがちです。...

≫続きを読む

 

正しい睡眠姿勢で抜け毛を予防しよう

薄毛や抜け毛は、寝ているときの姿勢の影響受けているというのはご存知ですか。正しい睡眠姿勢をとることで、寝ているときの育毛効果を上げ、抜け毛を予防しましょう。睡眠姿勢と抜け毛の関係夜眠るときの姿勢はあまり意識していない人が多いかもしれません。仰向けだったり横向きだったり、うつぶせの方もいらっしゃるでし...

≫続きを読む

 

育毛シャンプーや育毛剤で髪は生えない! プロが明かす“育毛業界の実情”

最近、生え際が気になる…。枕に抜け毛がゴッソリ…。男たちにとって永遠の悩みである“ハゲへの恐怖”。不安にかられ、手にとった育毛シャンプーに育毛剤ーーでも、果たしてこれって本当に効果があるの? あっちの商品のほうが効くかも…? そんな迷える子羊たちのために、育毛開発プロデューサー・久田篤(ひさだ・あつ...

≫続きを読む

 

おでこ・生え際の産毛を濃くする育毛、はるな愛さんおすすめの育毛剤

育毛剤をつける部分に髪があり、それを「育てること」は充分に可能だと思います。ただ、髪の毛が無い部分に発毛させることはなかなか難しいものです。リアップ等の発毛剤を使用して産毛が生えてくることはよくありますが、それ以上を求めるとあまり効果を感じられず、うまくいかないことが多いようです。●産毛がたくさん生...

≫続きを読む

 

薄毛対策の三つの自然な方法

薄毛対策には、これから述べる三つのアプローチで、正しい育毛対策をしてください。薄毛の人は、男性でも女性でもぜひやってみてください。年齢・性別・薄毛の進行度(多少は関係あります)も、基本的には関係ありません。60歳を越えた人でも効果が確認できている方法です。問題は、やるかやらないか、選択するかしないか...

≫続きを読む

 

抜け毛が多い人の食習慣はコレが原因だった!?

西洋医学的には、薄毛は「男性ホルモン」が多いとなりやすいと言われています。遺伝や男性ホルモンの多い方で、胸や背中に毛が生えている方は、男性ホルモンが旺盛な証です。髪の毛というのはほとんどが女性ホルモンなため、男性的な方はどうしても髪の毛が薄くなる傾向があります。日本人男性の30%にこの傾向があり、5...

≫続きを読む

 

ズルいほどの美まつ毛に!美容ライター愛用「まつ育ITEM」3選

東京理科大学の辻孝教授グループは、人間の体から取り出した細胞で増毛を図る再生医療としての育毛に挑戦中です。辻孝教授らは、「原基」という細胞の集まりに着目しました。原基は、これからどのような臓器や器官になっていくかがすでに定まっている細胞集団だそうです。まず、マウスの胎児の体表から毛の原基を取り出して...

≫続きを読む

 

あなたの髪は正常か異常か?

*まず「薄毛」や「抜け毛」に悩んでいる方は、何歳ぐらいの方が多いのかご存知でしょうか?これは意外なのですが、なんと20代から40代が90%も閉めているのです。特に20代が4割弱、30代も4割弱という感じです。つまり「若い人が殆ど」なのです。では50代以降はどうなんでしょうか?それは「もうあきらめてし...

≫続きを読む

 

毎日シャンプーしない方が髪にはいいの?

頭皮の痒みやフケが気になってきたら、もしかしてシャンプーが髪や頭皮に悪さをしているのでは?と感じる方も多いのではないでしょうか。今回はそんなシャンプーが髪に与える影響についてご紹介します。毎日髪を洗わなくてもいいのか現在の日本の社会は、髪を含め清潔にしているのが当たり前になっていますが、1970年代...

≫続きを読む

 

永久脱毛の定義 永久脱毛について

日本では数値による明確な定義はされていませんが、アメリカでは「最後の脱毛から1ヶ月以内にムダ毛の再生率が20%以下」を永久脱毛と定義していて、一生完全にムダ毛をなくすことは難しいことが分かります。また日本では、以下のようになります。永久脱毛とは?生涯に渡りムダ毛の処理をしなくてよい状態(日本スキン・...

≫続きを読む

 

生える脱毛と生えない脱毛

毛根の説明 医者 クリニックでの医療脱毛のうち「医療レーザー脱毛」に関しては何年後、何十年後にまたムダ毛が生えてくる可能性があると言われています(一生生えない人もいます)。そもそもニードル脱毛や美容電気脱毛は毛穴一つずつに対して施術を行う仕組みで、確実に毛を作る組織を破壊でき、早い部位なら一度の施術...

≫続きを読む

 

永久をのぞむならニードル脱毛や美容電気脱毛

もし確実に一生ムダ毛をなくしたいのであれば、クリニックのニードル脱毛や美容電気脱毛を選ばなければなりませんが、毛穴一つずつに直接施術をしていくため広い部位には不向きで、かなりの時間がかかってしまいます。そのためこれらの脱毛方法では医療レーザー脱毛のように「両脇1回10,000円」などという値段設定で...

≫続きを読む

 

【海外発!Breaking News】除毛クリームをシャンプーと勘違い ごっそり...

米国 マサチューセッツ州在住のカイラ・コナーズさん。若い女の子たちの間で今、とんだ失敗を犯してしまった少女のあり得ない顔写真が大きな話題になっているのだ。彼女がその日、妹に手渡したピンクのチューブは有名な“Nair”社の除毛クリームであった。そうとも知らずに妹はそれをシャンプーとして使用し、そのせい...

≫続きを読む

 

耳かき&イヤホンの長時間使用で「カビ」が! 鼻毛を抜くと「毛嚢炎」に!?

「炎症が起こると痒くなり、さらに耳かきする回数が増え……という負のスパイラル。炎症が慢性化すると、耳の中にカビが生えてきてさらに強い痒みをもよおします。ちなみに、イヤホンの長時間使用も、耳の中に湿気がこもるので、カビの原因になりやすいですね」 耳かきをしすぎた結果、「耳が尋常じゃなく腫れ上がり、膿が...

≫続きを読む

 

セルフケアで失敗しない! 基本のワキ脱毛

汗ばむ時期は、かわいいキャミソールやタンクトップの出番。となると気になるのが、ワキのケア。間違った脱毛法を自分で行ったために、皮膚を痛めたり肌のトラブルを起こしたりすることは少なくないそう。そこで、自宅でできる正しいワキの脱毛法を皮膚科専門医の中村仁美先生に教えてもらった。「ワキ脱毛のセルフケアは、...

≫続きを読む

 

脱毛が39円、100円…脱毛サロンの値下げ競争がスゴいことに

夏を目前に、テレビや電車内広告で脱毛サロンのCMをやたら見かけますよね。驚くべきは、その料金の安さ! もはや「自己処理のために買うカミソリより安いんじゃないか?」というキャンペーンもあったりします(7月末まで、8月末まで、というのが多い)。 そこで、今回は全国展開している大手脱毛サロンの値崩れ事情を...

≫続きを読む

 

除毛クリームでムダ毛処理はしっかりできるのか?

気温が高くなり、薄着になっていく季節になると、気にかかるのはやはりムダ毛処理についてではないでしょうか。ムダ毛処理の方法はいくつかありますが、できることなら手軽に自宅で行いたいもの。そこで、今回は除毛クリームでのムダ毛処理についてご紹介します。除毛クリームって?除毛クリームはその名の通り、毛を取り除...

≫続きを読む

 

夏の天敵! 女子のムダ毛に対する本音あるある

暑い日が続き、夏も目の前ですね!! 夏と言えば、BBQ! 海! かき氷! 登山など、楽しいことがたくさんで「夏大好き!」という人も多いのでは?しかしその反面、女子には、夏ならではの悩みがつきまとっています。■無意識のうちに抜いてない!?授業中や仕事中、気が付いたら爪でムダ毛を抜いていた…!! 意識的...

≫続きを読む

 

円形脱毛「パニック障害」は男性の2.5倍!? 現代女子が注意したいストレス症状

ストレスが溜まっているけど、解消する間もなく仕事仕事……そんな日々を送りがちな現代人。「私は大丈夫!」そう思っていても、体は悲鳴を上げているかも……。あんな症状やこんな症状……ストレスが原因では、と言われるものも多いですよね。できれは我が身に起きてほしくない……現代女性は何をもって、憎きストレスと戦...

≫続きを読む

 

その毛、見られてます。男性がチェックしている女子のムダ毛

【美容・ムダ毛/モデルプレス】薄着の季節になり、ムダ毛ケアにも気を遣いますよね。しかし、ムダ毛ケアってなかなか大変でつい手を抜いてしまったり…しかしそのムダ毛、男性にしっかりチェックされていますよ!?ヒゲ女性でもはえてしまうヒゲ。とくに鼻の下ははえやすく、産毛程度の毛はたいていの人がはえています。し...

≫続きを読む

 

自分にあった脱毛をしよう!おすすめ方法紹介

もっとも簡単で、自分でかる〜く出来てしまうムダ毛の処理方法にはどのようなものがあるのでしょうか?ムダ毛といえば、周囲はそれほど気にならないレベルでも、自分的にNGラインというものがあります。そのため頻繁にムダ毛処理を繰り返しますが、方法はもちろん肌トラブルなども色々あります。自分に合った方法を見つけ...

≫続きを読む

 

剃るだけじゃだめ!ムダ毛を薄くする方法

【美容/モデルプレス】濃いムダ毛は目立って気になりますよね。そんなムダ毛も、生活習慣次第で薄くすることができますよ。今回はムダ毛を薄くする方法をご紹介します。■食生活を改善するムダ毛を薄くするためにはホルモンバランスを整えてくれる効果があるものを食べるようにしましょう。男性ホルモンの働きを活発にして...

≫続きを読む

 

あなたならどうする?どうしてる?今どき脱毛事情

見えないパーツに人気集中! 今どき脱毛トレンド今までの脱毛といえば、薄着で人目に触れるワキや腕、脚などが中心でした。しかし最近、人から見えないパーツ、特にデリケートゾーンを脱毛する女性が急増中。具体的には、ビキニラインの「Vライン」、外陰部の両サイド「Iライン」、お尻の肛門周り「Oライン」の3カ所。...

≫続きを読む

 

女の子なら知っておきたい!「デリケートゾーン」のケア法4つ

デリケートゾーンのトラブル、実は経験したことがある人もいるのではないでしょうか。人には聞きづらいし、病院に行くのもちょっとハードルが高く感じるけど、これから汗をかく季節になると、ますますトラブルが増えがちです。そこで今回は、「デリケートゾーンのケア」を今のうちにおさらいして、においやむれの悩みとは無...

≫続きを読む

 

黒ずみ、ポツポツ…ワキのお悩み解消法

【美容/モデルプレス】そろそろ意識し始めなくてはいけないボディケア。その中でコンプレックスを感じている人の多い、ワキ。今からケアを始めれば、見られてOKなワキ美人になれちゃいますよ。?においケア見た目ももちろんですが、においも気になるワキ。ワキにはにおいが出やすいアポクリン汗腺があるため、雑菌などが...

≫続きを読む

 

髪の生え際の産毛などは切るべき?伸ばすべき?

髪の生え際にある産毛を処理していますか。実は、産毛を切ることによってさまざまなメリットが得られるのです。今回は、簡単にできる産毛の正しい処理方法をご紹介します。生え際の産毛を切るメリット生え際の産毛を切ることによって「化粧のりがよくなる」「前髪のないスタイリングが綺麗に決まる」「美白効果が得られる」...

≫続きを読む

 

脱毛症・薄毛に悩む人を対象に臨床研究を開始

東京医科大学は2016年6月27日、脱毛症や薄毛に悩む人を対象に、医師主導の臨床研究を行うと発表した。再生医療のうち、自家毛髪培養細胞を用いた細胞治療法の有効性および安全性を検証する。同大学の坪井良治主任教授らの研究チームと、東邦大学医療センター大橋病院、資生堂再生医療開発室との共同研究となる。 現...

≫続きを読む

 

男たちはココをチェックしてます! 男性が気になる女子のアノ汚れ5つ

2016年6月10日 18時0分 LAURIER PRESS好きな男性に好意を持ってもらいたい……。そんなとき、メイクやファッションに気をつかう女子は多いはず。でも、ちょっと待ってください! 男性は、目立つところだけじゃなくて、意外な細かいところまでしっかりとチェックしているんです。今回は、汚れてい...

≫続きを読む

 

生足に自信!ツルスベ美脚の作り方

2016年6月5日 21時0分 モデルプレス【美容/モデルプレス】夏が近づいてきました!足のケアはしっかりできていますか?サンダルが似合うキレイな脚の作り方をご紹介します。■足の指そして爪を切る時はお風呂上がりがオススメです。足の爪は手の爪よりも硬いのでお風呂でしっかりふやかしてから切ると、爪へのダ...

≫続きを読む

 

自分にあった脱毛をしよう!おすすめ方法紹介

2016年6月5日 7時30分 美LAB.もっとも簡単で、自分でかる〜く出来てしまうムダ毛の処理方法にはどのようなものがあるのでしょうか?ムダ毛といえば、周囲はそれほど気にならないレベルでも、自分的にNGラインというものがあります。そのため頻繁にムダ毛処理を繰り返しますが、方法はもちろん肌トラブルな...

≫続きを読む

 

やりがち!おうちでの「ムダ毛処理」NG行為チェックリスト

2016年5月28日 18時0分 Nosh薄着になる機会が増えると、気になるのがムダ毛! 男性が抱く“女性の肌はつるつる”というイメージを壊したくないですよね?楽しみなデートの前日や水着になる予定の前の日に、おうちでムダ毛処理をする人が多いと思いますが、ちょっと待って!実は、おうちでのムダ毛処理には...

≫続きを読む

 

男性が惚れる色っぽボディの作り方

2016年5月25日 22時20分 モデルプレス【美容/モデルプレス】彼が思わず見惚れてしまうような色気のあるカラダ。憧れますよね。でも実際はコンプレックスばかり。一体何をすれば、色っぽいカラダに近づけるのでしょうか?今回は、男性が惚れてしまう色っぽボディの作り方をご紹介いたします。◆姿勢を意識綺麗...

≫続きを読む

 

指の毛は何のために生えている?医師が解説

2015年10月3日 10時0分 教えて!goo ウォッチ美容の大敵であるムダ毛。夏と比べて肌の露出が減るこの時期は処理を怠りがちだが、ふとしたときに恥ずかしい思いをすることも……。「教えて!goo」にも、「手の指のむだ毛の処理」に関する質問が寄せられている。実は筆者は指の毛に関してはほとんど放った...

≫続きを読む

 

これはやっちゃダメ!ムダ毛の自己処理で気をつけたいNG3つ

薄着の季節から長袖、厚着へと、寒くなるこれからの季節。肌の露出も減り、ムダ毛処理もおろそかになる女性が増える季節です。男性は女性の肌はつるつるなはず、と幻想を抱くもの。秋も冬も、いつだって脱げる準備をしておかないと、いざというときに後悔する羽目になるかもしれません。男性が「ムダ毛が絶対にないほうがい...

≫続きを読む

 

「ワキの黒ずみ」を解消する効果バツグンのケア方法3つ

ノースリーブや半袖を着る機会が増える夏は、ムダ毛の処理も大変ですが、それと同じくらい処理したあとのワキ黒ずみが気になりますよね。腕をあげたときにワキが黒ずんでいたら男性たちから幻滅されてしまいそう……。今回は、気になるワキの黒ずみを解消する効果バツグンの方法について女性たちに教えてもらいました。■ス...

≫続きを読む

 

女子だってヒゲが生える! みんなが実践している3つのヒゲ対策

床屋さんのメニューにある「顔ぞり」これを利用する女性って実は多いんです。文字通り、顔の産毛、ヒゲをそってもらうこの「顔ぞり」。利用する女性が多いということは、ヒゲの生えている女性もまた多いということ。男性に限らず、女性だってヒゲが生えるんです。いつも床屋さんで処理してもらえるほど時間がない人たちは、...

≫続きを読む

 

砂糖とレモンで…ワックスに!米国女子の間でHOTな「セルフ脱毛」

夏真っ盛り。肌を露出するこの時期によく行うことといえば脱毛ですよね。ワキに、脚に、腕に、皆さんも定期的な脱毛ケアを行っているのではないでしょうか?米国女子もお家でせっせとケアを行っていますが、中でも一番人気なのが一気に脱毛できるワックス。特に手作りのワックス法として、いまは砂糖を使った肌に優しいワッ...

≫続きを読む

 

チクチクさせない!ツルスベ美肌の作り方5つ

【モデルプレス】毛の悩みは人それぞれ。特に女性は色んな服を着ておしゃれを楽しむので、体の毛が気になりますよね。【さらに写真を見る】チクチクさせない!ツルスベ美肌の作り方5つ処理が甘いと男性の目線も気になってしまうもの。そこで今回はサロンやお家でのムダ毛処理についてご紹介します。◆除毛クリームクリーム...

≫続きを読む

 

道端アンジェリカも愛用! 「ナッツ」生活がもたらす美容や健康への影響とは

健康や美容に良いとされ、話題になっているナッツ。海外セレブはもちろん、日本でも抜群のスタイルを誇る藤原紀香や道端アンジェリカなどが愛用することでも知られています。種類によってどのような効果の違いがあるのか、ナッツを使ったレシピとともに詳しく見ていきましょう。■ ナッツには体にうれしい効果がいろいろ1...

≫続きを読む

 

敏感肌の人でも大丈夫!肌を傷めないシェーバー・

カミソリは肌への負担大!カミソリよりもシェーバーや脱毛器を選ぼうカミソリは肌に直接当て、ムダ毛をカットしていくため肌への負担大!しかし、シェーバーは外刃でムダ毛をつかみ、内刃でカットしていく構造になっているため、肌に直接刃を当てずにムダ毛の処理をしていくことができるんです。そのため肌の弱い人でも使え...

≫続きを読む

 

肌に優しい脱毛クリーム

・ヴィーナスラボ タラソボーテエピクリーム海水ミネラル、4種の海藻エキス、マリンコラーゲンなど、母なる海の恵みをいっぱいに詰め込んだ除毛クリームです。使った後のブツブツ感がなく、ツルツルスベスベな美肌を叶えてくれます。チューブの先がスポンジ状になっているので、指先や手をあまり汚さずに済むところもポイ...

≫続きを読む

 

体毛に悩む子どもが通う「キッズ脱毛」とは

体毛が濃かったり、長かったり、自分のムダ毛のせいで肌を露出することにコンプレックスを持つお子さんもおられます。また、親御さんも子どもの体毛について一緒に悩んでいるケースも多く、近年、そんな体毛に悩んだお子さん向けに「キッズ脱毛」を行うサロンもあり、小学生の通院数が急増していることがメディアでも話題に...

≫続きを読む

 

アクセスランキング


 
シースリー 脱毛ラボ 銀座カラー エタラビ ミュゼ キレイモ ラットタット ラ・ヴォーグ TBC Be・Escort RinRin RAYVIS エピレ プリート キッズ(Dion) BAW 脱毛器ケノン カルミア