全身脱毛の月額制・払いきり・後払い料金徹底比較

自宅(家庭)でできる脱毛方法

自宅での脱毛では、いろいろな脱毛器具が利用されています。

 

いろいろな脱毛器具は、簡単で手軽、いろいろな脱毛器具が利用されています。

 

たくさんの種類があるので、自分に合ったものを選んで上手に使って脱毛の悩みを解決してください。

 

ただ、仕上がり具合などを考慮すると、専門家に依頼した方がよりいっそう綺麗になれるとは思います。

 

 

・家庭用レーザー脱毛器

 

・家庭用脱毛器

 

・脱毛テープ

 

・脱毛パック

 

・脱毛ワックスシート

 

・カミソリ

 

・毛抜き

 

・脱毛クリーム

 

・脱色剤

 

・除毛スプレー

 

・シェーバージェル

 

・抑毛剤

自宅(家庭)でできる家庭用脱毛器

近年人気が増してきている家庭用脱毛器。

 

ムダ毛の悩みは男女共通で女性にとっては永遠の悩みとも言えますが、今や脱毛器によってはユーザーの半数近くが男性ユーザーだというものまで登場しているほどです。

 

決して安価な買い物ではないにしろ、高級脱毛エステに通ってコースを組む…ということを考えると

 

やはりこっちの方が良いかな?と思う家庭用脱毛器。

 

多くの女性が家庭用脱毛器を使って美しいつるすべ肌を手に入れています。

 

 

今や多くの女性が美しくなるために家庭用脱毛器の利用が飛躍的に高まりました。

 

今まで、脱毛というと、サロンやエステなどの美容機関へ通ったりして、脱毛の施術を受けるというケースが一般的でした。

 

多くの方がムダ毛の処理をカミソリや毛抜きを利用して行っていたのですが、脱毛効果が高い機器の登場で、一気に利用が広がっているのです。

 

性能が良くなったことや、他の脱毛法と比べると比較的安価であることももちろんですが、最近は忙しくてなかなか医療機関やエステサロンに行く時間を見つけられないという方も多く、いつでも自宅でできる手軽さも人気に拍車をかけています。

 

これまで一部の部位にしか利用できなかったのが、全身脱毛に利用できるようになったなどの理由もあります。

 

近年ではそのコストパフォーマンスの良さから、家庭用のフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器も人気を集めていて、実際に非常に多くの方が利用なさっています。

 

家庭用脱毛器の種類については、大きくはフラッシュ方式、レーザー方式、サーミコン方式に分かれています。

 

脱毛器の種類は、フラッシュ脱毛器(イーモリジュ、ケノン、センスエピ、エスピル、ラヴィ など)、レーザー脱毛器(トリア)、サーミコン脱毛器(ノーノーヘア)に分かれるのですが、利用する目的によって選ぶ製品は異なります。とはいえ、値段や脱毛効果、利用できる部位などを考えると今はフラッシュ脱毛器がおすすめだと言えます。

 

最新の脱毛器では、美顔機能や眉毛脱毛の機能もあり、非常に付加価値もついてきています。

 

脱毛処理は、長期的な目線で取り組む必要があります。

 

毛には周期があり、成長期や退行期などどのタイミングで脱毛をするべきかも決まっています。

 

正しい知識と、正しい情報であなたにあった家庭用脱毛器を選んで下さい。

 

 

 

【フラッシュ方式】
一番新しい脱毛器の種類が、フラッシュ式と呼ばれるタイプです。フラッシュ脱毛器の特徴は、インテンスパルスライトという光のエネルギーを使った脱毛方式です。

 

このインテンスパルスライトをカメラのフラッシュライトのように照射光にすることで、肌の表面の温度を上げずに毛根に光のエネルギーでダメージを与え、脱毛処理を行うことが可能となるのです。

 

 

 

 

【レーザー方式】
一番古くからある脱毛方式が、レーザー式と呼ばれるタイプです。

 

レーザー脱毛器の特徴は、黒色や茶色に吸収されやすいとされる波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛根にダメージを与え、脱毛処理を行うことができる方法になります。

 

脱毛効果が非常に高い方式である為に、多くのエステサロンや医療機関で使われており、現時点では最もメジャーな脱毛方法と言えます。

 

 

 

 

 

【サーミコン方式】
フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器と比べると、少し知名度が低いのがサーミコン式と呼ばれるタイプです。
サーミコン脱毛器特徴は、サーミコン(熱線)によって熱エネルギーを発生させ、熱をムダ毛に接触させることでムダ毛をカットさせる方法です。

 

肌の上をすべらせるだけで脱毛ができるので、肌を傷めずすべすべの肌になれるところが人気と言えます。

 

 

 

 

最近は家庭用脱毛器を使用している方も非常に増えてきているようです。

 

家庭用脱毛器がこれほど人気になっている理由は、性能が以前に比べて格段にアップしているからです。

 

家電製品の品質改良は確実に進化を遂げており、低価格でも非常に優れた成果が期待できる家庭用脱毛器もたくさん登場しています。

 

専門サロンでプロに施術してもらうのと同じような仕上がりが望め、家庭用脱毛器でも使い続けていくうちに生えてくる毛は徐々に薄くなるようです。

 

家庭用脱毛器の中でも人気がもっとも高いのがトリアです。

 

トリアが数ある脱毛器の中でも人気が高い理由は、レーザー脱毛器だからです。

 

家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛のものが増えていますが、レーザーよりは出力が弱いので効果も劣ります。

 

家庭用脱毛器の中で、レーザーを使用しているトリアを使用し続ければムダ毛を少なくする効果がかなり高いのです。

 

脱毛サロンで脱毛する金額よりも経済的なのはもちろん、消耗品を定期的に購入しなければならないような脱毛器に比べて断然お得です。

 

これだけメリットのあるトリアですが、デメリットがないわけではありません。

 

デメリットとしては脱毛範囲が狭いことが挙げられます。

 

フラッシュ脱毛のように広範囲を処理することができず、狭い範囲に高出力のレーザーを当てるのでどうしても処理に時間がかかってしまうのです。

 

さらに、レーザーの出力が強いぶん肌への痛みを感じやすいというデメリットもあります。

 

 

 

 

自宅(家庭)でできる脱毛テープと脱毛ワックスシート

脱毛テープはワックスと似た脱毛方法です。

 

テープをワキに貼り、毛の流れに沿って一気に引き剥がします。

 

ガムテープと同じような原理ですが、脱毛テープのほうが粘着がつよく、毛がくっつきやすいです。

 

脱毛ワックスは、温めたワックス剤を皮膚に置き、毛の流れと反対の方向に一気にはがすものです。

 

脱毛テープのほうも原理は同じで、粘着性のテープを貼って、毛の流れと逆に一気にはがします。

 

最近はワックスよりも、手軽なテープのほうが人気のようです。 

 

ワックスやテープは、いっぺんに広い範囲のムダ毛を処理することができますが、やはりかなりの痛みがあるのと、皮膚にかなりの負担をかけてしまうという難点があります。またワキの下の脱毛などには不向きです。 

 

ただし、ワックスと同じく、脱毛テープを使った処理は、ある程度の毛の長さが必要ですので、常にワキ毛がない状態を理想とする方には実用性が低く、不向きな処理方法といえます。

 

自宅(家庭)でできる脱毛パック

とても小さい範囲の脱毛、バストトップなどに使用するパックです。

 

肌に優しい成分が配合されており、使用感も良いです。

自宅(家庭)でできるカミソリ

肌あれの心配はあるものの、簡単に脱毛できます。でもトラブルには十分気を付けて。

自宅(家庭)でできる脱毛クリーム

脱毛(除毛)クリームは、アルカリ性のクリームで毛のタンパク質を溶かしてムダ毛を処理する脱毛手段です。

 

クリームの他にも、ローションやジェルなどのタイプがありますが、基本的な毛を溶かすという仕組みはどれも大体同じですので、価格や安全性、使いやすさを吟味して選ぶと良いでしょう。

 

最近では、小さな子供でも安心して使える低刺激の商品が増えましたので、ワキ毛の処理に利用する方が増加傾向にあるようです。

自宅(家庭)でできる除毛スプレー

安全・簡単な脱毛クリームをお探しなら、あらゆる肌質対応の脱毛クリームがお奨めです。

 

除毛スプレーも今では迷ってしまうほど様々な商品が出回っています。

 

中には脱毛したい部分にスプレーしてふき取るだけという究極に手軽なものもあります。アロエエキスとコラーゲンなどが入ったものなら、つい安心してしまいがちです。

 

大切な肌のために、ぜひどのような成分が含まれているのか充分なチェックをおこたらないようにしてください。

 

最近では抑毛ローションとセットで販売されていたり、無駄毛対策には必要な存在で支持されています。

 

脚や腕だけでなく、眉毛や鼻の下のうぶげの処理などにも使用でき安全性が高く、痛みもほとんどありません。

自宅(家庭)でできる脱色剤

脱色剤は文字通り毛の色をぬいてしまいムダ毛を目立たなくするグッズです。

 

しかし、毛の色をぬくだけなので、厳密に言うと脱毛とは言えないかもしれません。

 

ムダ毛の脱色は、髪の毛を茶色くするときに黒の色素をぬくやりかたと根本的には同じです。

 

毛自体をぬいたり、剃ったりするのとはまったく別ジャンルの手法です。

自宅(家庭)でできるシェーバージェル

シェーバーは一度に広範囲のムダ毛を処理できる手軽な方法です。

 

操作が簡単ですから安心して使用することが出来ます。

 

抜く方法に比べて痛みはかなり少なくてすむのも大きな長所でしょう!

 

ムダ毛処理は女性にとって夏の旅行では大きな悩みの種になることもあります。

 

 

バスタイムに安全カミソリ剃るのもちょっと...。

 

かといって充電が必要な電気シェーバーやコンセントの必要な脱毛器を持っていくのは、音も気になります。そこで利用価値があるのがシェーバーです。

 

最近では大手電気メーカーも多数のシェーバーを出しています。

 

シェーバーには外出先でも利用可能な電池式のミニシェーバーもあります。

 

電池式シェーバーは比較的安価で自宅で脱毛する女性には人気です♪

 

ポーチなどにしまえる小さいもので、いつでもどこでも気づいたときにすみやかに脱毛できます。トイレでもささっと脱毛できるのは魅力ですね。

自宅(家庭)でできる抑毛剤

抑毛剤は毛の成長を抑制させることによって、少しずつ毛を細くかつ少なくするためのものです。

 

効果ははっきりと現れにくいもののようですが、今後期待される分野だという見方もあります。

 

抑毛剤を利用する時は、よくその使用法を理解して安全を最優先にするようにしたほうがいいでしょう。

 

 

 

少しでも異常を感じたら、使用を停止してすぐ皮膚科に相談するようにするのが賢明です。

自宅(家庭)でできる脱毛方法記事一覧

ピンセットや毛抜き脱毛

多くの女性がデートする度にムダ毛で悩んでいるのではないでしょうか。手っ取り早い方法で自分で無駄毛を処理しようとします。処理するときに使用する方法や道具として、毛抜きやピンセットで抜くという方法があります。毛抜きで抜くのは簡単で見た目もよりもすっきり見えます。しかしなんと言っても痛みがありますし、毛抜...

≫続きを読む

 

アクセスランキング


 
シースリー 脱毛ラボ 銀座カラー エタラビ ミュゼ キレイモ ラットタット ラ・ヴォーグ TBC Be・Escort RinRin RAYVIS エピレ プリート キッズ(Dion) BAW 脱毛器ケノン カルミア