全身脱毛の月額制・払いきり・後払い料金徹底比較

皮膚のしくみ

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織と体毛、汗腺、皮脂腺の皮膚付属器からなり立っています。

 

表皮は薄い組織で、おおよそ0.2mm程度しかありません。

 

表皮は表面から角質層、透明層、顆粒層、有棘(ゆうきょく)層、基底層の5層からできています。
表皮の下に真皮があり、その表皮側に基底層があります。
また、表皮には毛細血管などはありません。

 

そのため表皮細胞は、真皮層のゼリー状をした基質内の養分を栄養源として、
基底層から肌表面の角質層に向かって細胞分裂、成長を繰り返し、やがて剥がれ落ちます。

 

基底層には、表皮細胞(ケラチノサイト)と色素形成細胞(メラノサイト)があります。
夏の日には、太陽にあるとメラノサイトの中のメラニン顆粒が増えて皮膚が黒くなります。

 

 

 

・基底層
基底層は、表皮の最下層にある細胞の集まりで、ケラチノサイト、メラノサイト、ランゲルハンス細胞で構成されています。
その基底層を構成する細胞の中で、最も多いケラチノサイトは、細胞分裂することで次々に新しい細胞を作り出しています。
ケラチノサイトの細胞分裂で作り出された細胞のうち1つは、上の層の有棘(ゆうきょく)層に移り、有棘(ゆうきょく)細胞と呼ばれるようになります。
メラノサイトは、色素細胞と言われ必要に応じてメラニンを作り、ケラチノサイトに配分します。
ランゲルハンス細胞は、皮膚の免疫を保っています。

 

 

 

・有棘層(ゆうきょくそう)
有棘層の細胞は、互いに棘(とげ)のような形をした細胞間橋と言われる手のようなもので繋がっていますが、
これが命名の由来にもなっています。
有棘層は表皮の中で最も厚い層で、有棘細胞が細胞間橋でしっかりと結びつくことで丈夫な肌を作っています。
有棘細胞では、角質細胞の素となるケラチンと呼ばれるタンパク質を作りながら顆粒層に向かって移動します。
有棘層の上層まで来た有棘細胞は、細胞内でケラトヒアリン顆粒と呼ばれる顆粒を作り始め、顆粒層に移動します。

 

 

 

・顆粒層
有棘層から移動してきた細胞は、水分を失い少しつぶれた扁平な形をした顆粒細胞になります。
顆粒細胞は、ケラチン線維と、フィラグリンで作られた、ケラトヒアリン顆粒を持っているのが特徴です。
このケラトヒアリン顆粒の成分は、角質細胞に含まれる成分の素ともなります。
また顆粒細胞は、スフィンゴ脂質からできた層板顆粒といわれるものも作ります。
このスフィンゴ脂質は、特殊な脂質で出来ていて、将来は角質層の細胞間脂質の素となります。

 

 

 

・角質層
皮膚の上層にある角質層は、顆粒層から移動してくる際に核(遺伝子:DNA)、ミトコンドリアなど細胞内の器官が無くなり、
ケラチン線維だけになっています。
堅いケラチン線維で出来た角質細胞は、レンガのように層状に重なって角質層を形成しています。
この角質細胞間を、セラミドというタンパク質が、レンガの間を埋めるセメントのように、つなぎ合わせています。
角質層の上層に達した角質細胞は、やがて剥がれ落ちていきます。
通常は角質細胞が1つ剥がれるときには、基底細胞が1回分裂するのが正常なサイクルで、このサイクルを角化と呼びます。
この角化が正常に機能することで、表皮の厚さを一定に保つことが出来ています。
また、角質層の表面は、皮脂腺や汗腺などから分泌された皮脂に覆われていますが、これを皮脂膜と言い、通常は酸性をしています。
この酸性の皮脂膜がバクテリアなどの菌の増殖を抑え、感染から防いでくれます。

 

メラニン生成のしくみ

人の肌の色は人種によって大きく異なりますが、同じ人種でも個人差があります。
そんな、お肌の色を決定する要素の1つにメラニン色素があります。

 

メラニン色素はメラニン顆粒についている色素です。
メラノサイトによって多量に生産されています。
ケラチノサイトの数はメラノサイトの数の40?50倍といわれています。
メラニン顆粒は、隣接するケノサイトの倉庫に運ばれてこの倉庫であるケノサイトは細胞分裂によって新しい細胞をつくり
、角質層、透明層、顆粒層、有棘層に移行します。

 

 

メラニン色素というと、シミを作り出す悪者としてとらえられがちですが、
でも実際は、私たちの体を紫外線から守る大切な働きをしています。
もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、
水ぶくれや炎症を起こすことになります。

 

また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などになってしまうのです。

 

嫌なシミを増やしてしまうのも確かですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。
メラニン色素を含む表皮細胞ができることにより、お肌にバリアゾーンをつくり守ってくれているのです。
このメラニン色素と上手に付き合うことが、美肌の秘訣!
では、メラニン色素との付き合い方を考えて見ましょう。

 

ターンオーバーの助けによって、新鮮さと機能を保つ

基底層から生まれた細胞は、ターンオーバーの助けによって、
皮膚は常に生まれ変わり新鮮さと機能を保つことができるのです。

 

 

美肌の条件として、ターンオーバーは不可欠です。
身体の細胞は神経細胞をのぞいて、一定のサイクルで新しい細胞に生まれ変わっています。
皮膚の細胞も同じで、期間は約1ヶ月つまり約28日周期で生まれ変わっているということです。

 

 

ターンオーバーは、一番下の基底層から始まり、細胞は13日に1度2個に細胞分裂していきます。
1つはそのまま基底細胞として残りますが、もう1つは扁平になりながら上に押し上げられ、
すぐ上のゆうきょく層→顆粒層へと上っていきます。

 

 

ここまででだいたい14日間程かかります。
そして、さらに上へ上へと押し上げられ約14日後には一番外側から古くなった角質層は、
フケやアカになって自然にはがれ落ちます。

 

 

ターンオーバーは周期が早くても遅くてもよくありません。
サイクルの乱れによっては、肌の様々なトラブルを引き起こします。
たとえば紫外線は周期を早めてメラニンの沈着を促進し、また年齢を重ねていくと周期が長くなりシミなどの原因を引き起こします。

 

 

肌の若さを保つターンオーバーも年齢とともに速度が落ちて、その周期に乱れが見られるようになります。
このために、傷の治りも遅くなりシミもできやすくなります。

 

10代・・・約20日
20代・・・約28日
30代・・・約40日
40代・・・約55日
50代・・・約75日
60代 ・・・約100日

 

とターンオーバーに、年代によってこれくらいかかるといわれています。

 

 

表皮の下にある厚い層は真皮と呼ばれており、0.5?4ミリぐらいの厚さがあります。
この真皮は皮膚の95%を占めています。
この真皮の基層層の下に真皮の乳頭が突き出ています。
水分が多く、毛細血管が終わっているところでもあります。乳頭の下層には、細い繊維が横に長く編み状に並んでいますが、
これは、膠原繊維の一つです。

 

皮膚の表面から0.2?0.25ミリの層に弾力性を当てえています。
この層を過ぎると膠原繊維は太くなり、真皮の下層まで続きます。

 

太陽光線にあたると表皮のメラニンが増え、ここで紫外線を吸収しますので、
皮膚の下層にある真皮内の弾力性や膠原繊維がいじめられるのを
防いでくれます。紫外光線があてると、これらの繊維、とくに弾力繊維が破壊されて皮膚の弾力が失われ、
皮膚はのびきった状態になり、皮膚にシワやタルミができるのです。

 

この真皮の下層には、脂肪を多く含んでいる層があり、ここを皮下脂肪組織と呼んでいます。
皮下脂肪組織の下層には、筋肉や骨などが存在しています。

 

 

線維
コラーゲン(膠原線維)90%、エラスチン(弾力線維)など10%
真皮内を網目状に走って、皮膚の弾力を作り出しています。

 

基質
線維の間は、可溶性(水になじみやすい)コラーゲンやヒアルロン酸をはじめとする酸性ムコ多糖類などに満たされており、
これらが水分を包み込み、真皮内の水分量を一定に保ちます。

 

線維と基質は、線維芽細胞と呼ばれる細胞でつくられます。
真皮は表皮の下に保護され外部からのダメージを受けにくく、水分を保持することで皮膚の機能を支えています。

 

主に、皮膚の弾力性やハリを保つ働きを担っています。

体毛についてよく知ろう記事一覧

皮膚はこんな働きをしている

皮膚の働きには大きく分けて五つの働きがある。皮膚は、痛覚、触覚、圧覚、温度覚などを感じる感覚器官で、感覚は中枢神経に伝達されます。1.保護作用   内臓保護の他に、角質層は細菌の侵入を防ぎ、皮膚表面の皮脂膜は細菌の繁殖を防いでいます。2.体温調整   外気温に反応して、あ暑い時と寒い時、皮膚の毛管血...

≫続きを読む

 

体毛の役割とはなに

私たちの体の表面には、薄い体毛から濃い体毛まで全てあわせると全身で約500万本もの毛が生えています。生えていない部分は唇、手のひら、足の裏、指の腹、生殖器などごく一部に限られ、ほとんど全身を体毛が覆っているのです。この沢山の体毛は人体にとって大事な役割をもっており、必要とされてるものです。外気温度の...

≫続きを読む

 

体を保護する体毛

現在のように衣服を着用する前、原始時代は頭髪をはじめとして、全身に約500万本もの体毛が生えていました。体毛によって外界からの物理的な刺激から身を保護していたのです。しかし、衣類が発達し、住環境が整えらわるにつれて、体毛は細く、短く退化してきました。特に、衣服で体を覆い、冷暖房の整った室内に住む現代...

≫続きを読む

 

体毛は感覚機能を持っている

人間の体毛の場合は、動物ほど、外界の危険性などの情報をキャッチする生体の防衛はありませんが、触覚を多少体に伝達していきます。ザラザラする、カサカサする、スベスベする、ツルツルする、といった情報を感知します。毛を支えているものは、皮下に張っている立毛筋という筋肉です。毛が何かに触れると、この立毛筋を通...

≫続きを読む

 

異性を引き寄せる芳香腺

陰毛と同様に脇毛も年頃になると生えてきます。脇の下は、汗が溜まって臭いがちになってしまいますが、熱を保持するため、皮膚が擦れるのを防いでいるのです。また、陰毛と同様に匂いを放つ性的な意味があるという説もあるようです。人間も動物と考えてみるとわかりやすいと思いますが、脇にはアポクリン腺という汗腺があり...

≫続きを読む

 

太陽光線を吸収する体毛

私が体毛の役割として最も大きいと考えるのは、太陽光線の悪影響を体内に及ばさないよう毛で吸収する、ということです。太陽光線を浴び過ぎると紫外腺の影響で表皮、真皮のコラーゲン(硬タンパク質の一種で皮膚の性状を左右する)にダメージを受けます。すると老化現象が促進され、シミ、シワ、ひいては皮膚ガンの元ともな...

≫続きを読む

 

体毛には毒性を排出する機能がある

体毛には体内の毒性を排出する立派な役割があります。体内の異物、特に水銀などの重要属が入り込んだ場合は、体毛からもその排出が多少行われると言われています。しかし、例えば入れ墨は有機、無機の顔料を使用しますが、入れ墨をした皮膚上の毛から水銀や銀が多く検出されたという実証はありません。加えて、入れ墨の毒素...

≫続きを読む

 

体毛の構造

体毛は皮膚が変化したもので、人間の体毛の数は約500万本あるといわれています。そのうち目に見えている毛は130万本〜140万本で、体毛の約3分の2が皮膚の中にあります。体毛には皮膚の外に出ている部分を毛幹といい、皮膚の中に埋まっている部分を毛根と言います。また毛根を皮膚の中で包んでいる部分を毛包もし...

≫続きを読む

 

体毛には毛周期がある

私たちの毛には「毛周期」と呼ぱれる生えかわりのサイクルが あります。体毛は常に伸び続けているわけではなく、また、一度成長が止まったらもう生えないわけでもありません。毛は生えて抜け落ちる、を繰り返しています。この周期を毛周期と呼んでいます。発生→成長→脱毛→発生、という一定の周期を繰り返し、生え変わっ...

≫続きを読む

 

体毛の成長と性ホルモンの関係

思春期になると、今まで気にならなかった顔や手足の毛が濃くなり、ムダ毛の処理をするようになったという女性の方は多いのではないのでしょうか?人の体は第二次性微を迎えます。男性化、女性化といった変化が訪れるわけです。その変化として、皮膚や体毛にも変化が現れます。手も幼少期とは違って太く濃い毛に変わっていき...

≫続きを読む

 

多毛症は病院で病気として治療可能

体毛の生えるところに硬い毛が異常に多く生えたり、普通生えないところに生えといる場合を多毛症といいます。多毛症は大きく分けると2種類に分類される。無性毛型多毛症を「ハバートリコーシス」、女性に見られる男性化型多毛症を「ハーシュテイズム」といいます。実際には、無性毛型多毛症と男性化型多毛症が混在する場合...

≫続きを読む

 

多毛症の原因のひとつ【多嚢胞性卵巣症候群 】

多毛症の症状は、さまざまですが、多くの毛の成長を促すテストステロンやそのほかの男性ホルモンの増加(分泌過剰)が原因にあげられます。その中で、多嚢胞性卵巣症候群(スタイン‐リーヴェンサール症候群)は、卵巣組織の空洞内に液体がたまった嚢胞と呼ばれる構造が多数生じ、卵巣が腫れて大きくなる病気です。男性ホル...

≫続きを読む

 

多毛症の治療

多毛症は、一般に次のような治療法があります。病的な治療は、その原因を取り除かなくてはなりません一般的にホルモン投与による治療と皮膚の除毛療法が行われます。また、副腎、卵巣、あるいは下垂体の異常が認められた場合には、これらの臓器の異常自体に対する治療が必要となります。どのような原因による多毛症でも、気...

≫続きを読む

 

毛周期ってなに?

毛周期とは、髪の毛や眉毛、うぶ毛、腕の毛など、体から生えてくるあらゆる毛の生え変わりのサイクル(周期)をいいます。そのサイクルには『成長期』『退行期』『休止期』の3つの段階に分かれています。『成長期』は、毛が生え始めてから伸びきるまで・『退行期』は、伸びきった毛が根元から皮膚の表面に押し上げられて最...

≫続きを読む

 

ムダ毛は剃ると乾燥肌になる?

ムダ毛をカミソリで剃って自己処理をすると、肌に細かい傷ができてしまいがちになります。そうすると、肌の乾燥につながる可能性は高くなるだけではなく、毛穴の開きやくすみの原因になってしまうこともあります。ですから、脱毛サロンや脱毛クリニックなどで処理するのを一番おすすめします。それでも自己処理をしたい方は...

≫続きを読む

 

ビキニライン(デリケートゾーン)のムダ毛処理ってどうしたらいいの?

【カミソリで処理をする方法】一番手っ取り早い方法ですが、毛の生え始めに下着にあたって痒くなってしまいがち。【家庭用脱毛器】脱毛サロンなどで、他人に処理してもらうのが恥ずかしい方には良い方法です。しかし、IラインやOラインの脱毛ができません。【脱毛サロン】近年人気度が上がっていますが、エステティシャン...

≫続きを読む

 

脱毛は痛いもの?

脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛の痛みについては、人によってかなり異なります。ですから、サロン/クリニックでの広告や口コミ情報で「痛くない」とあっても、必ずしも全ての方に当てはまるわけではありません。脱毛する部位によっても痛みは異なりますし、体調によっても痛いときと痛くない時があります。痛みを感じ...

≫続きを読む

 

脱毛をすると埋もれ毛がなくなる?

カミソリで自己処理をすると起こりがちな埋もれ毛(埋没毛とも呼ばれます)。脱毛が埋もれ毛解消の直接の治療法になることはありません。ですが、カミソリを使用しなくなると、毛は埋没しにくくなります。

≫続きを読む

 

紫外線アレルギーの人は脱毛できない?

脱毛エステや家庭用脱毛器で使用されているフラッシュ脱毛の光は、紫外線は含まれていないので紫外線アレルギーの方でも利用は可能です。しかし、念のためパッチテストを行うようにしましょう。脱毛サロンでも、カウンセリングの時に相談してみて光を試しに当ててもらいましょう。

≫続きを読む

 

脱毛サロンでの脱毛って永久脱毛?

『永久脱毛』の定義を「一生ずっと毛なしツルツルにできる」ということだとすると、正直『永久脱毛』はムリだと考えた方がいいでしょう。脱毛サロンに何回通ったとしても、永遠に毛が生えてこなくなる保証はできないのです。そもそも、永久脱毛の定義が曖昧なので、安易に永久脱毛という言葉を信用しないことをおすすめしま...

≫続きを読む

 

脱毛サロンのエステティシャンによって技術は異なる?

脱毛サロンのエステティシャンの技術力の違いはあるでしょう。しかし、多くの脱毛サロンでは、ある一定以上の技術が認められないとお客対応ができなかったり、資格を取得できないと脱毛施術ができなかったりとかなり厳しい教育がなされています。脱毛サロンを選ぶ際には、エステティシャンがどのような教育を受けているのか...

≫続きを読む

 

脱毛サロンにどれくらいお金かかる?

両ワキの脱毛はかなり安価になっていて、一番安くても1,000円以内でかなりの回数の脱毛ができるコースに申し込むことができます。それ以外の部位の脱毛を申込むと徐々に価格が上がっていきますが、10,000円あれば様々な部位の脱毛が可能です。当然のことながら、全身脱毛のコースは比較的高額で回数が無制限のコ...

≫続きを読む

 

家庭用脱毛器って、脱毛サロンと同じ効果がある?

全く同じ効果はなかなか期待できないかもしれませんが、かなり近い効果を実感できます。しかし自分で脱毛をすると、光の当て方にムラができてしまうことがあります。

≫続きを読む

 

医療レーザー脱毛でおすすめ全身脱毛クリニック

医療脱毛による全身脱毛の効果と回数、料金相場は?医療レーザー脱毛で全身脱毛する場合、ほとんどのパーツは5〜8回で完了します。VIOなど太くて濃いムダ毛が密集している箇所だけは8〜10回程度の照射が必要になる人もいます。クリニックの全身脱毛の料金は脱毛範囲に応じて料金が異なります。大きく分けて顔とVI...

≫続きを読む

 

アリシアクリニックの全身脱毛おすすめポイント

顔除く全身脱毛が一番安いアリシアクリニック。キャンセル無料などサービスも充実全身脱毛プランが最安値痛みが少ないライトシェアデュエット採用途中解約制度あり・キャンセル料無料負担の少ない月額制あり 1日で全身1回分を照射してくれるアリシアクリニックは脱毛サロンと変わらない料金で、効果の高い医療脱毛を受け...

≫続きを読む

 

リゼクリニックの全身脱毛おすすめ

保証制度が充実しているクリニック。料金も安い全身脱毛の料金が安いライトシェアデュエット採用サービスが充実脱毛で掛かりやすい追加料金に「予約キャンセル料」と「剃り残しシェービング料」がありますが、リゼクリニックは追加料金が一切ありません。脱毛コースの料金だけを支払えばよいので料金がわかりやすく、契約後...

≫続きを読む

 

湘南美容外科の全身脱毛おすすめ

湘南美容外科の全身脱毛おすすめ,顔とVIOも含めた全身脱毛が一番安いクリニック顔もVIOも含む全身脱毛が最安値痛みの少ないメディオスターNext Pro導入途中解約制度ありテレビCMも行って知名度が高く、全国にクリニックがあり通いやすいことから人気があります。全身脱毛は顔とVIOを含めるプランは湘南...

≫続きを読む

 

全身脱毛はアリシアクリニックがお得

全身脱毛はアリシアクリニックがお得 全身脱毛のキャンペーンはアリシアクリニックがもっともお得です。通常料金と比べてどのくらいお得かと言うと (月額9,500円×2ヶ月無料)+(VIO8回コースの料金92,880円)=111,880円もお得です。キャンペーンのコース回数も、8回あれば剛毛な人でもほとん...

≫続きを読む

 

全身脱毛ならアリシアクリニックが一番安い

顔とVIOを含まない全身脱毛ならアリシアクリニックが一番安いです。コース料金だけを見るともっと安いクリニックもありますが、他のクリニックはコース回数が少なく、1回当たりの料金はアリシアクリニックが一番安くなっています。顔無し・VIO有りの全身脱毛も、アリシアクリニックのキャンペーンを利用するのが一番...

≫続きを読む

 

アリシアクリニックは料金が安い・サービス充実

アリシアクリニックは料金が安いだけでなく、サービスも充実しています。キャンセル料無料、店舗移動が自由、Web予約システムで24時間予約可能で、夜遅くまで受付しています。施術は必ず女性看護師が行うので、VIO脱毛も安心です。解約の際も残金の返金があり、解約手数料無料です。湘南美容外科は途中解約制度はあ...

≫続きを読む

 

エステサロンと医療クリニックの違いは

脱毛というと、テレビCMや電車の広告などでよく目にする大手脱毛サロンをイメージする方も多いのではないでしょうか。そして、エステサロンと医療クリニックに、あまり違いが無いように思っている方も少なくは無いと思います。実際、わたしの周りでも"レーザーは、お医者さんがいるからちょっと高いんじゃない?"エステ...

≫続きを読む

 

エステサロン脱毛と医療脱毛との違い!脱毛できるの?

医療クリニックでは、医療機関でしか取り扱うことの出来ない強力なレーザーを、わたしたち医師のカウンセリングとともに、患者さま1人1人にあった適切なパワーの照射を行っています。医療レーザーだからこその効果と、医療機関だからこその安心がポイントです!エステサロン脱毛と医療脱毛との違いとは?知っている方も多...

≫続きを読む

 

医療脱毛やエステサロン脱毛の効果

光脱毛などの脱毛は一般的に始めは2〜3ヶ月おきに照射を行い、終盤になるにつれて間隔を広げた方がより効果のある脱毛を行えるといわれています。リゼクリニックでは、コースの有効期限を長めに設定することで、有効期限にとらわれない適切なスケジュールでの脱毛を行うことができます。毛周期について詳しくはこちら@で...

≫続きを読む

 

医療脱毛やエステでも起こりうるリスク

脱毛を考えている方なら、ムダ毛はもう生えてきて欲しくないと思いますよね。そもそも永久脱毛の定義とは、「最後の脱毛終了から1ヶ月後の、毛の再成率が20%以下である脱毛法」とされています。無毛になることが永久脱毛だと思われてしまいがちですが、実際は全ての毛を無くさなくても永久脱毛といえるのです。? 現在...

≫続きを読む

 

全身脱毛 自己処理がラクになる

全身脱毛のメリットは、なんといっても面倒な自己処理から解放されることです。気になるムダ毛はすべて処理することができるので、自分で剃ったり、抜いたりする必要は無くなります。週に一度、3日に一度、2日に一度、毎日など、人によって自己処理の頻度は異なるとは思いますが、自己処理は時間がかかりますし、何よりめ...

≫続きを読む

 

アクセスランキング


 
シースリー 脱毛ラボ 銀座カラー エタラビ ミュゼ キレイモ ラットタット ラ・ヴォーグ TBC Be・Escort RinRin RAYVIS エピレ プリート キッズ(Dion) BAW 脱毛器ケノン カルミア