全身の多毛症を頻繁に引き起こす頭髪治療の基本薬剤 「ミノキシジル」

発毛・育毛成分のミノキシジルは、日本では大正製薬から外用発毛剤 「リアップ」 シリーズが発売されています。
もともとは1970年代後半に経口血圧降下剤として米国で開発され使用されていました。

 

しかし、その副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。
.

 

 

ミノキシジルは脱毛抑制のプロペシアと異なり、直接、毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早める働きをします。

 

AGA(男性型脱毛症)をはじめとする頭髪治療に対してミノキシジル外用薬を使うことは非常に効果的であり、プロペシアとの併用などで治療効果をより高めています。

脱毛サロン 安い